2022/03/14

大豆由来の健康成分「エクオール」とは?美容への効果や摂取方法を紹介

目覚めがスッキリしているイメージ


サプリメントなどで最近よく目にする「エクオール」。女性特有のゆらぎにアプローチし、美容や健康をサポートする成分として注目されています。この記事では、女性にうれしいエクオールの効果や摂取方法などを詳しくご紹介します。フェムケア(女性特有のゆらぎ対策)に興味がある方や、腸活などのインナーケアに詳しくなりたい方は、ぜひチェックしてくださいね!

健康や美容におすすめの「エクオール」とは?

出典:www.photo-ac.com
URL:https://www.photo-ac.com/main/detail/22729817

エクオールとは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが腸内細菌の力を借りて生み出すことができ、 エストロゲン※とよく似た働きをする成分です。その他にも男性ホルモンの働きを抑える抗アンドロゲン作用やカラダをさびさせない 「抗酸化作用」もあるといわれています。

女性ホルモンによって起こる女性のゆらぎにアプローチするので、毎月のゆらぎによる不調に困っている方におすすめしたい成分です。

※女性らしいカラダ作りや自律神経の安定などを促す女性ホルモンの一種。卵胞から出るため「卵胞ホルモン」とも呼ばれています。

 

エクオールに期待できる効果4選

出典:www.photo-ac.com
URL:https://www.photo-ac.com/main/detail/22729761

1984年、アメリカのSetchell博士らによりエクオールが人間の体内で女性ホルモンのように働くという研究報告がされました。

エクオールを摂取することで、女性のゆらぎによる不調に効果が期待できます。さらに、更年期症状の改善や女性に多い骨粗しょう症の予防効果、 女性の肥満改善作用もあるなど、さまざまな研究が報告されています。

では、女性のカラダに摂取することでたくさんのメリットがあるエクオールの魅力をさらに掘り下げていきましょう!


【エクオールの効果1】首や肩のこりが軽減する

デスクワークやスマホの操作が多くなったいま、若年層でも首や肩がこるという女性が増えてきています。また、加齢によるエストロゲンの減少で血行が悪くなり、更年期に首や肩がこるという方も多くいらっしゃいます。

エクオールはエストロゲンに似た働きをするため、体内の血行不良にアプローチしてくれます。エクオールを摂取することで、首や肩のこりから起こる頭痛や倦怠感も予防することができますよ!

【エクオールの効果2】肌のシワが改善される

エストロゲンは肌の弾力に必要なコラーゲンやエラスチンなどの生成に関わっているため、「美肌ホルモン」とも呼ばれています。

エストロゲンの減少をエクオールで補うことで、肌老化を防ぐことに繋がります。シワの少ないピンとハリのある美肌を目指す方は、ぜひエクオールを摂取してみてください。

【エクオールの効果3】骨密度の減少を抑える

女性は、加齢によってエストロゲンの分泌量が減っていきます。エストロゲンの急激な減少は、カルシウムの吸収を悪くするといわれており、骨密度にも影響を与えます。歳を重ねることによって関節痛や骨折リスクが増加するのはこのためです。
br> 加齢による骨密度の低下を予防するためにも、日頃からエクオールを摂取することが大切です!

【エクオールの効果4】糖の代謝の改善を助ける

「糖の代謝」とは、食事で摂取したエネルギーを臓器が消費したり、余分なエネルギーを蓄えたりするサイクルのことをいいます。
糖は、脳や筋肉などを動かすエネルギー源として必要なものですが、この「糖の代謝」がうまくいかなくなるとメタボリック症候群になりやすくなってしまいます。

エストロゲンは糖の代謝を助ける働きをするため、生活習慣病のリスクも予防できるといえます。ハードなダイエットをしてもなかなか改善されないとお困りの方は、エクオールの摂取から習慣にしてみると変化があるかもしれません。

 

エクオールはどのように作られるの?


腸内細菌がエクオールをつくるための材料は、大豆イソフラボン。
大豆製品を食べると、大豆イソフラボンのなかの「ダイゼイン」が腸内細菌の力を借りてエクオールに変化し、吸収されます。

エクオールを健康や美容に役立てるためには、【1日あたり10mg】の摂取が目安となります。1日に必要なエクオールを体内で産生するためには、約50mgの大豆イソフラボンが必要です。

大豆食品から取り入れる場合は、豆腐なら1/2丁(110g)、納豆なら1パック(50g)、豆乳ならコップ1杯(200g)、油揚げ1/2枚(75g)を目安にしましょう!

 

エクオールを作れる人と作れない人がいる?

期待の注目成分エクオールですが、じつはすべての人が体内で生成できるわけではありません。エクオールを作れる日本人の割合は、約50%といわれています。

エクオールを生み出すには、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が必要不可欠。この細菌を持っているか、いないかでエクオールが作れるかどうかが決まってくるのです。 自分の腸内にエクオール産生菌がいるかどうかは、市販やエステ、病院などで販売されている「エクオール検査」でチェックできます。

エクオールを体内で作れない場合は、サプリメントでエクオールそのものを摂取しましょう!

 

エクオールを効果的に摂取するならサプリメントがおすすめ

エクオールが自分で作れても作れなくても、サプリメントで毎日10mgを効率よく摂り続けることがおすすめ。美容や健康に効果を出すためには継続が必要です。

エクオール産生菌を持っている方は、エクオールの力を十分に発揮できるように日々大豆食品を摂取することが大切です。エクオール産生菌がいきいきと活動できるように、 腸活などで腸内環境を整えておきましょう!

 

エクオールを摂って自分の健康と向き合ってみましょう

この記事では、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをするエクオールとその効果、摂取方法などを紹介してきました。

女性特有のゆらぎ症状にアプローチしたり、年齢を重ねたカラダを健康に導いたり、女性にうれしい効果をもたらすエクオール。自分の健康や美容と向き合うために、ぜひ試してみてくださいね!